本文へスキップ

大阪大学 大学院理学研究科 宇宙地球科学専攻

研究分野紹介COMPANY

宇宙地球科学専攻では、宇宙、地球・惑星、物質、生命の4つの分野(キーワード)を基軸に据えて、研究を進めています。日々の研究活動は、各研究グループ(現在8つ)を単位として展開しています。ここでは、この4つのキーワード毎に、各研究グループのカバーしている研究分野を紹介します。もちろん、これらの4つの分野はお互いに深く関連し合っており、しばしば各研究グループの研究内容も複数の分野にまたがったものになることは言うまでもありません。

宇宙

果てしなく広がる宇宙を理解することは、古よりの人類の夢でした。本専攻では、現代物理学の成果である最新知識に基づいた理論研究、およびハイテク技術を駆使した宇宙の観測研究の双方を行っています。「宇宙進化学 (長峯) グループ」では、ビッグバンから現在に至る宇宙進化の理論研究と、銀河形成・星形成・ブラックホール・重力波等の多様な天体現象の理論研究を行っています。また「X線天文学(松本)グループ」では、日米欧の人工衛星を使い、X線による、超新星爆発・活動銀河核・ブラックホール等の宇宙の高エネルギー現象の観測研究とそのための技術開発を行っています。そして、「赤外線天文学(芝井)グループ」では、日本の赤外線望遠鏡衛星「あかり」で観測したり、世界初の遠赤外線干渉計を開発したりして、太陽系外惑星探査の研究を進めています。

地球・惑星

地球は、我々が住むかけがえのない星です。地球をより良く知ることは、人類の将来にとっても大変重要なことです。また、地球は太陽系の惑星の1つであり、地球の兄弟である他の惑星を理解することも大切です。本専攻では、同位体分析を主要な手段として太陽系や地球・惑星の形成史を探求する「惑星科学(寺田)グループ」、放射光を用いたX線CTやX線回折を主要な手段として地球・隕石等の惑星物質を探究する「惑星物質学(佐々木)グループ」、学際理学的な視点から岩石・水相互作用などを軸とした水と生命の地球物理化学に関する実験的研究を展開する「地球物理化学(中嶋)グループ」、また、惑星深部の高温・高圧下における物質の状態を様々な実験・分析を通して探求する「惑星内部物質学(近藤)グループ」の4つの実験グループがあります。

物質

世界は様々な物質から形成されています。宇宙・地球を理解するには、その素材になっている物質、特にその極限条件下での諸性質を理解することが、欠かせません。本専攻には、計算機シミュレーションを主要な手段として物質の示す多様な相転移現象や固着‐すべり不安定としての地震現象等の理論研究を展開している「理論物質学(川村)グループ」があります。

生命

地球は生命を育む星です。宇宙・地球の中の生命の仕組みを解明し、その起源と進化を理解することは、我々自身を知り人類の将来を見据える意味でも大切なことです。本専攻においては、「地球物理化学(中嶋)グループ」が、有機無機相互作用に注目して、宇宙からもたらされる生命原材料物質の性質、原始生命化石中の分子記録、生体分子の機能と進化の解明などに実験的に取り組んでいます。

研究グループ

グループ名をクリックすると各研究室情報が表示されます。


協力講座

レーザーエネルギー学研究センター(レーザー宇宙実験グループ)

バナースペース

大阪大学理学研究科 宇宙地球科学専攻

〒560-0043
大阪府豊中市待兼山町1-1

TEL 06-6850-5479
FAX 06-6850-5480