本文へスキップ

大阪大学 大学院理学研究科 宇宙地球科学専攻

教育プログラム・学部教育/大学院教育SERVICE&PRODUCTS

教育プログラム

宇宙・地球惑星・物質・生命という多様な研究対象を持つ宇宙地球科学専攻では、広い視野を持った研究者を育成すべく、充実した教育プログラムを用意しています。

学部教育がおもに基礎概念・技術の習得を目指してきたのに対し、博士前期(修士)課程においては自立した専門的研究者への第一歩となるような教育課程が組まれています。すなわち、当専攻の教授・准教授全員が開講する数々の講義によって最先端の研究の基盤となる専門知識を学んでいただくと同時に、各研究グループごとに行われるセミナーによって研究の具体的な方法を身につけていただきます。博士前期(修士)課程在籍中にすべての講義を聴講する機会が得られるよう、各講義は少なくとも2年に一度は開講されています。これらの講義とセミナーが車の両輪となって、修士論文の完成へと進んでいくのです。多様な研究対象を持つ宇宙地球科学専攻で学ぶことは、将来どのような分野に進んでも役に立つことになるでしょう。また、物理学専攻をはじめとする他専攻にも豊富なカリキュラムが用意されており、これら他専攻の講義の聴講も奨励されています。他専攻・他研究科の講義についても、指導教員の許可さえあれば、宇宙地球科学専攻の講義と同様に修了要件単位として認められています。このほか、21世紀COEプログラムの一環として、科学技術と社会との関わりをテーマに開講されている「現代社会と科学技術」や、学部と共通で開講される「科学技術論」などによって、バランスのとれた研究者育成のための全人教育が行われています。
 博士後期課程においては、修了時には専門分野の一人前の研究者として自立できるよう、特別セミナーと通常短期集中で開講される特別講義によってさらに高度な教育がなされます。博士論文の審査合格によって得られる博士(理学)の学位は自立した研究者としてのライセンスにほかなりません。


学部教育/大学院教育

講義

講義の時間割表は以下のページをご参照下さい。

理学研究科大学院生用 時間割表へ >>


集中講義

理学部・理学研究科で開講される集中講義の一覧表は以下で公開されています。

理学部・理学研究科集中講義一覧表


学生便覧

学生便覧の内容はこちらでご覧になれます。

理学研究科 学生便覧へ>>
理学部 学生便覧へ>>


シラバス

シラバスはこちらでご覧になれます。

理学研究科 授業概要へ>>
理学部 授業概要へ>>


学生生活SERVICE&PRODUCTS

進路と就職

理学部物理学科卒業者(宇宙地球科学教室配属者)
大学院博士前期課程修了者 および 大学院博士後期課程修了者 の進路状況

◆平成27年度(2015年度)の進路状況

◆平成26年度(2014年度)の進路状況

◆平成25年度(2013年度)の進路状況

◆平成24年度(2012年度)の進路状況

◆平成23年度(2011年度)の進路状況

◆平成22年度(2010年度)の進路状況

◆平成21年度(2009年度)の進路状況

◆平成20年度(2008年度)の進路状況

◆平成19年度(2007年度)の進路状況


在学生・卒業生からのメッセージ

ここでは、宇宙地球科学専攻の学生や卒業生の皆さんの声を紹介します。

◆大学院での生活
「私の研究生活」博士前期(修士)課程 2年 上田 光生さん
「アストロバイオロジーを目指して」博士後期課程 2年 癸生川 陽子さん
「なせばなる」博士後期課程 3年 Nemes Norbertさん

◆COE海外派遣体験談

◆卒業生の声
「研究を楽しもう!」大阪市立大学 中野寛之さん


「私の研究生活」博士前期(修士)課程2年 理論物質学グループ 上田 光生

私は、理論物性物理学の研究室に所属しています。物性物理とは物質の巨視的な性質を、主に統計物理を軸にして研究する学問です。対象としているものは、スピングラスやフラストレーションといったいわゆる物理っぽいものから、良く知られている自然現象である地震や火山のシミュレーションなど、多岐にわたっています。

私の研究は、摩擦の数値シミュレーションです。今日、複雑な物理が理解されているにも関わらず、私達が日常的に接している物理現象である摩擦はほとんど解明されていません。摩擦は様々な物理と深く関連しています。その中でも特に、私達の研究室で扱っている対象の一つでもある地震の理解に重要な役割を担うと期待されています。主な研究手段はコンピューターを用いたシミュレーション解析です。どの分野の研究においても言える事であると思いますが、研究が自分の思い通りにはかどる事は滅多になく、非常に根気がいります。例えば、シミュレーションのプログラムは一つでも間違いがあれば、期待した結果は出ません。何度も何度もプログラムを見直し、ようやく成果を出すことが出来た場合は、言いようのない喜びを感じることができます。あまりにも嬉しいので、その時いる学生を誘って飲みに行くときもあります。

普段は、ずっとパソコンとにらめっこをしています。必要な機材は計算機のみなので、研究室は比較的きれいであるように思います。またお茶部屋といって、研究に疲れたときなどコーヒーを飲みながら他の学生と談笑をすることができる部屋もあります。学生はみんな非常に仲が良いです。学生のみで発表会を開催したり、勉強会などもしており、非常に活気あふれる研究室であると思います。自ら積極的に働きかければ、研究生活は非常に充実したものとなるでしょう。しかし、何もしなければ何も得る事ができないまま研究生活が終ってしまう危険もあるように思います。

研究室によって様々な特徴があり、その環境は非常に重要なものであると思います。しかし、研究の本質はどれも変わらないのではないかと私は感じます。いかに自ら積極的に取り組むかが一番重要なのではないでしょうか。

「アストロバイオロジーを目指して」博士後期課程2年  地球物理化学グループ 癸生川陽子

願はくは花の下にて春死なん
        そのきさらぎの望月の頃 (西行)

古来より人は花の命に惹かれ,夜空の天体に惹かれてきました. 私たちの生命を育む地球,そしてその外側に広大に広がっている宇宙,私もその広い世界に強く惹き付けられた一人です.その宇宙の中に唯一生命の存在する地球...私は生物と宇宙とに興味を持っていました.そして迷ったあげく大学では宇宙を学ぼうと決めました.しかし,研究室所属を決める頃,宇宙と生命をつなぐ分野があることを知ったのです.アストロバイオロジーとは宇宙からの視点で生命の起源や進化を探ろうという学問です.実際,宇宙には生命の原材料となりうる有機物がたくさんあります.そういった有機物がどのように形成され,原始地球にもたらされ,最初の生命となったのか?また生命は地球にしか存在しないのか?このような問いに対する答えの一環となることを願って,私は隕石中の有機物の研究を行ってきました.

高校時代英語が苦手だった私,大学院に入ってから少しは上達したかもしれません.私は修士1年のときにNASAのサマーインターンに参加し,テキサス州のヒューストンで10週間過ごしました.初めて一人で海外に渡航し,なれない英語に苦戦しながらも,研究はもちろん,週末は海やキャンプに行ったりと充実した生活を送りました.また,博士課程に進んでからは,国際学会に行き,英語で研究成果を発表してきました.学会では,いろいろな人の最先端の研究発表を聞くことが出来ますし,個人的に研究内容の議論もできます.他の分野もそうかもしれないけれど,このような分野は特に,カラに閉じこもっていてもどうにもならないことが多いかと思います.グローバルな視点で情報を集めたり,協力を得たりすることも大切になってきます.

とはいえ,そんなにしょっちゅう外国に行っているわけではなく,普段は研究室で研究しているわけです.いろいろな測定装置を使って隕石試料を測定したり,実験したり,測定結果の解析をしたり,論文を読んだり.時には成果をまとめてセミナーで発表します.研究の合間には,学生室の一角の休憩スペースでお茶を飲んだりお菓子を食べたり.ときどき誰かが置いていくお土産のお菓子はいつも一瞬でなくなります.

皆さんも自分に合った研究や生活を見つけましょう.

「なせばなる」博士後期課程3年  X線天文学 Nemes Norbert

小さなころから宇宙に興味があり、天文学者を志していました。母国ルーマニアでも天文学を専攻していましたが、革命後の経済の悪化で国立大学には予算がなく、理論だけしか学ぶことが出来ない状況でした。ドイツのマックスプランク研究所に半年留学した後、縁あって現在の常深研究室に入ることになりました。
天文学というと、なんだか星ばかり観測しているような感じがしたのですが、実際は机に座って地味な作業を何時間も続けるというハードワークでした。
言葉の問題はもちろん何から何まで新しい環境で勉強するのは、はじめとても大変でしたが、常深先生をはじめまわりの方が辛抱強くサポートしてくださいました。経済的な問題もいくつかの奨学金を応募して、運良くもらえることになりました。阪大でもティーチングアシスタントとして働かせてもらっています。
忙しい時期においては、帰るのが毎日終電ということもありますし、家に帰っても自宅のパソコンでずっと解析作業をしていることも多いです。つねに天文学のことを考えながら生活しているといっても過言ではありませんが、これが自分のやりたかったことなので苦にはなりません。
研究室のみんなはとてもオープンで協力的です。私のつたない日本語を一生懸命理解しようとしてくれ、ここではあまり自分が外国人だと意識せずに研究できるのでとても有りがたいとおもいます。秘書さん達は自分達の仕事の枠を越えてそれ以上に私を助けてくれたり、本当に恵まれた環境だと思います。


「研究を楽しもう!」日本学術振興会特別研究員(大阪市立大学)  宇宙地球科学専攻 宇宙進化グループ出身 中野寛之

そもそも,研究者を志そうというきっかけとなったのは,小学生の時に太陽の黒点をカメラのフィルムで見たことでした.太陽はただ「普通」に光っているだけだと思っていた僕にとって,太陽の黒点は非常に不思議で魅力的なものでした.この頃から月や惑星,星などに興味を持ち始め,幸運なことに76年周期のハレー彗星の虜になってしまいました.当時,漠然と宇宙の研究をするためには,物理の勉強をして天文学者になればいいんだなと考えていました.

さて,大学生の時に学ぶことは,大学院での研究において基本となることばかりで,これらはきっちり押さえておく必要があります.大学院に入ると宇宙地球の専門分野に,より特化した知識を身に付けていかなければなりません.最先端の研究を行いつつ知識を身につけていくわけで,基礎的な力を身につけていないとそれは,大変なことです.僕自身は苦手ですが,英語も海外研究者との共同研究を行なう上で欠かせません.僕は現在,研究を始めるきっかけとなったものとはかなり異なりますが,一般相対性理論の虜になりアインシュタインの相対論が予言する,ブラックホールや今まさに検出されようとしつつある時空の歪みの伝播(重力波)の研究を行っています.

どの分野にでも,新しいこと,「普通」とは思えないことがいっぱい転がっていると思います.きっかけは何であれ,好きだという気持ちを持って,貪欲になればきっとよい研究ができるに違いないと信じています.(継続的な努力はもちろん必要ですよ!)是非,研究を楽しんでください!

バナースペース

大阪大学理学研究科 宇宙地球科学専攻

〒560-0043
大阪府豊中市待兼山町1-1

TEL 06-6850-5479
FAX 06-6850-5480